愛知県春日井市 はせかずやを支援する会 郷土愛と奉仕の心 しがらみのない新しい風

RSS

JR春日井駅自由通路及び橋上駅舎完成記念式典

カテゴリ : 平成28年4月~10月
平成28年10月
29日(土)JR春日井駅自由通路及び橋上駅舎完成記念式典が午後
10時から行われました。神領駅、勝川駅に続き、とうとう春日井駅
も立派な駅になりました。昭和2年に鳥居松駅として開業し、バリ
アフリーを意識しエスカレーターやエレベーターはもとより観光
コンベンションセンター、トイレ、銀行のキャッシュコーナー、
改札前には、市政情報、非常時の緊急情報などを発信する大型モニ
ターなど立派なものです。北側の円形のひさしもお洒落なものです。
4年の歳月、約55億円の大型事業です。今後、北・南の駅前周辺
がさらに活性化することを希望いたします。市長の挨拶、来賓の
挨拶、テープカット、そしてこの記念式典の音楽を担当したのは、
春日井市立中部中学校のブラスバンドの皆さん、見事でした。
勝川、春日井、神領、高蔵寺とこの4つの駅のお陰で春日井市民
は、本当に利便性のある31万都市にふさわしい誇りを持てるのだ
と思います。

第81回記念県下児童生徒席上揮毫大会

カテゴリ : 平成28年4月~10月


春日井市に生誕伝説のある平安時代の書聖・小野道風を顕彰する
「県下児童生徒席上揮毫大会」が、小野小学校で10月22日(土)
に開催されました。教員やPTA役員、地域のボランティアも参加
し、81回目と戦前から行われている伝統の行事です。市内外の89
校から786名の参加者がありました。
開会式では、春日井市長、教育長も参加され、昨年度優勝の春日
井市立小野小学校、小牧市立味岡中学校の優勝旗が返還され、各
教室に入り、書の大会が息の詰まるような緊張感の中始まりまし
た。外で待つ父兄も緊張の様子でした。小野校区の市議会議員と
して昨年に続いての参加でしたが、やはり、子どもたちの緊張が
伝わって参ります。表彰式は、11月26日(土)です。

ケローナ市青年大使歓迎会の夜

カテゴリ : 平成28年4月~10月

平成28年10月16日(日)春日井まつりの最終日、午後6時からホテル
プラザ勝川において、2016年ケローナ青年大使歓迎会が催されました。
今年、姉妹都市ケローナ市から青年大使として春日井市を訪れたのは、
Michelle  Mazur(ミッシェル マズール)さん、ケローナ市内の高校
に通う16歳で生徒会やボランティア活動に熱心な女性です。歓迎会
では、ミッシェルさんによる民族衣装を着てのダンスが披露されました。
私はといえば、昨年に引き続きミス・ケローナと2ショット、また、
所属の春日井けやきライオンズのメンバー、会長、幹事とケローナ交流
に長年ご尽力いただいている桑原さんと4人がこの場に勢揃い、商工会
議所松尾会頭とミスを囲んでの集合写真と相成りました。
ケローナ市は行ったことがないのですが、カナダは、25~6年前、私が
初めて海外旅行した地でもあり、それから病みつきになって6年連続で
スキーに会社同僚先輩と行った思い出があります。日本での11月~4月
第1週までは、観光オフシーズンで旅行代金が安いのです。食べ物も、
日本人によくあうサーモンやズワイガニ、お寿司屋さんもいっぱい
あり、カナダドルのレートも低く、温泉(スプリングス)ありと自然
絶景、お花畑などなど最高です。夏場の一番高価な旅行シーズンと決
めつけず、11月最初か4月早々ならば、旅行代金も無理なくかなり
お値打ちにいけるはず、ちょっと寒いだけです。バンクーバー2泊、
ケローナ2泊、ゴルフ2ラウンド、あーあ虫が騒ぎ出しました。

第40回春日井まつり始まる

カテゴリ : 平成28年4月~10月

快晴の秋日和、第40回春日井まつりが本日スタートしました。
オープニングセレモニーは9時45分から始まり、本年は、中部
大学のシンフォニックバンドの皆さんが素敵な演奏を披露して
くれました。まずは、記念写真を1枚。
また、春日井さくらライオンズの皆さんが、市民会館の前で
恒例のチャリティバザーオープン前に記念写真のところに
乱入、記念写真をゲットしました。きれいな女性たちを見か
けるとまだ心が騒ぐ自分です。
舞台では、道風くんと柏原幼稚園の可愛らしい踊りがあり、
またまた感動、子どもたちは春日井の宝。
開会式の後は、市役所正面玄関前にて、またまた恒例の
市議会議員による餅つきがありました。市役所周辺の売店
など、その後ひと回りして楽しんできました。
明日も、春日井けやきライオンズの活動として献血で一日
春日井まつりに参加いたします。お声がけお願いします。

神屋区の秋祭り

カテゴリ : 平成28年4月~10月

10月9日(日)神屋の秋祭りに参加しました。
区会の役員の皆さんと神屋神社の氏子の皆さん棒の手保存会
の皆さんなど神屋区の皆さん総出で秋祭りを盛り上げておら
れます。春日井市内には、神社、お寺のない町内会や秋祭り
などやらない、集わない地域もあり温度差がありますが、
3年前からのご縁で昨年の選挙で区の推薦をいただき、あら
ゆる神屋区の行事に参加させていただき、活動しています。
ある意味、神屋の皆さんの動きを見ていると、感心すること
が一杯です。まず、俺が俺がという人や変な派閥とかがあり
ません。これは、幹部の皆さんが本当にこの地域を盛り上げ
るんだという気概をお持ちになっておられる。その心意気を
何度も感じることができます。その精神がチームワークや
伝統を守る基本になっているのだと思います。
市内には、様々な形の町内活動がありますが、神屋区をみる
と、そのお手本があると確信します。
写真下は、棒の手の真打ち、松浦さんです。
今回は、お孫さんとの棒の手披露でした。
 







1 2 3 次へ