愛知県春日井市 はせかずやを支援する会 郷土愛と奉仕の心 しがらみのない新しい風

RSS

春日井シニアリーグ・小野ソフト初勝利!

カテゴリ : 平成30年1月~6月

春日井シニアソフトボールが、3月4日(日)に開幕された。
対堀北戦、対味美戦、対松新戦の3試合に苦戦した小野ソフト
チームは、3月18日の4試合目、対平日ミックスチームと対戦、
3対2で今季初勝利を勝ち取った。
私は、平成22年から小野ソフトに所属し、上達もせず、常に
ライトで9番と補欠とレギュラーの境、いわゆる数合わせ要員
としてチームに長年迷惑をおかけしている。だが、この日は
決定的なエラーもなく、今期初のせこいバントヒットと三遊間
のクリーンヒット合計2安打を記録した。
飛び交う「スギ花粉」にもめげず、多少ながら初勝利に貢献で
きたものと思う。この日は、家で晩酌をしない私にしては珍し
く、コンビニでビールとつまみを用意し、独り美酒に酔いしれた。
明日からの筋肉痛を覚悟しながら。月に一度の下手ゴルフと下手
ソフトの自分であるが、外に出て気分転換のスポーツは、かなり
老化していく体のためいいものと自覚している。
本業の3月議会報告も、まもなくブログアップしますのでご拝読
くださいますようお願いいたします。
以上、小野ソフト初勝利をご報告いたします。

黒川睦希さん 10周年記念歌謡祭おめでとう

カテゴリ : 平成30年1月~6月
  黒川 睦季さん
10周年記念歌謡祭に出席しました。おめでとうございます!
黒川さん(小牧市在住)歌手デビューして10年の
お祝いです。ホテルプラザ勝川で盛大に開催されました。
柏井町の「桜の散歩みち」の水上さんのお誘いで、私も
恥ずかしながら参加させていただきました。
黒川さん、そして陰で支えるご主人の人脈は素晴らしいです。
会場は、約200名の観客、沢山のカラオケ喫茶や関係団体の
方々で熱気にあふれました。
朝10時から午後4時半まで、前座の前座の私の部門から真打
登場まで100数十曲、歌のオンパレードです。
私は、数少ないレパートリーから山川豊さんのアメリカ橋を
歌いました。こんな舞台では初体験だったのですが、2日
前に、内田ケイゾーさんとおじさん2人で、昼間っから
ジャパンレンタカーのカラオケボックスで練習した甲斐も
あり、なんとか出番を終えました。
また、夜7時からは、2次会で桜の散歩みち(水上さん)と
やすらぎにて歌いました。皆さんお元気です。
歌は「健康の源」なんですね。7年目の3.11にこんな
やすらかな1日を送れた事、送れる事に感謝感激!

平成29年・市政報告 第5回定例会

カテゴリ : 平成29年7月~12月
ウィンク平成29年12月議会(平成29年11月29日~12月18日)
平成29年12月13日(水)の一般質問は、以下の項目でした。
(19人の議員が質問しました)

1、当市における生活保護行政について
(1)国・県の現状と比較した当市の状況について
(2)当市の業務上の課題について
(3)今後の方向性について

・当市の状況についての質問する。本年9月末の生活保護受給
 者数は、3,174名で、都市の立地要件や人口規模によって違
 いはあるものの、県内では名古屋市、一宮市に次いで3番目
 に多く、人口100人当たりの保護率では、全国平均の1.68%
   県平均の1.05%に対し、本市は1.02%で県内では名古屋市
 についで2番目となっている。保護世帯数については、2,336
 世帯で、そのうち高齢者世帯が半数以上を占め、保護世帯の
 高齢化が進む中で特に、単身の高齢者世帯の割合が年々増加
 している。また、母子や障がい者などその他の世帯について
 は、横ばい若しくは減少となっている。これらの特徴につい
 ては全国とほぼ同様の傾向である。

・重点的に取り組んでいる業務について問う。不正受給と医療
 扶助増加とのこと、不正受給では、訪問調査強化月間を年4
   回設け生活保護世帯への徹底した調査活動、課税調査の早期
 実施を重点としている。医療費扶助については、後発医薬品
 の利用促進をしており、平成29年10月の後発医薬品使用率は
 77.5%で、昨年比較で約5%の向上となっている。

・当市のケースワーカーは、平成29年度においては、29名、民
 生委員は、中学校区で定員があり、現在386名の方がいる。
 ケースワーカーの標準数は、社会福祉法第16条で被保護80世
 帯であり、昨年度は8名不足していたが充足している。
 祝休日の緊急対応や定員確保、ケースワーカーと民生委員との
 連携体制について問う。


(市側の回答及び私の所感)
生活支援課の職員数は、ケースワーカー29名を含む41名である。
市庁舎2階にあり、受付カウンターは、相当切迫した空気が漂う
雰囲気で、時にはフロア中に怒声が響き渡る環境にある。失礼だ
が、希望者の多い職種ではないと思うが、人事部局や管理職は、
人事のローテーションを配慮していただきたい職場と思う。
当市の生活保護行政は、ほぼ適正と思った。
市民からの不正受給通報は、年に約80件との事だが、この対策は、
まっとうな市民の納税意識に係る大切な施策であり、今後も毅然
とした対応を求めたい。

その他の事案
今定例会では、一般会計補正予算2件、条例案15件、一般
議案8件、報告7件、人事案件2件が提出され可決・同意さ
れました。また、請願1件が不採択となりました。






平成29年・市政報告 第4回定例会

カテゴリ : 平成29年7月~12月
笑い平成29年9月議会(平成29年9月8日~9月28日)
平成29年9月25日(月)の一般質問は、以下の項目でした。
(16人の議員が質問しました。)

1、市民病院の経営について
(1)経営状況について
(2)医療職員の採用について
(3)繰入金等の状況について
(4)経営形態について

・市民病院は、平成29年度の全国優良病院表彰を受賞した。
 ここ数年の経営状況について、今期決算まで第2次春日井
 市民病院中期経営計画に沿って、各種方策を実施し、目標
 指数などをクリアしてきた積年の成果が出ていると思われ
 るが、7年連続黒字の好決算に結びついた要因と今後懸念
 される点について問う。

・医療職員の確保については、医師、看護師、医療技術者な
 どの医療職の採用に関して今後どのような対応を考えてい 
 るのか、特に医師について、給与水準、医療以外の雑務、
 充実した研修など確保されているか、県内の他の自治体病
 院と比較してどの水準なのかを問う。
 
・自治体病院は、その使命と役割から地方公営企業法が適用
 され、経済性と公共性の調和、独立採算制の原則と経費負担
 区分が定められている。繰入金等の状況について、平成28
 度決算の一般会計からの繰入金784,044千円の内訳を問う。
 また、過去5年の繰入金の推移を問う。また、建設改良に
 関する経費のうち、190,744千円に関しては、病院の移転
 新築工事に要した事業費に係る企業債の償還元金に対する
 繰入金であるが、繰出基準の3分の2を満たしていないので
 はないかと思うが、この額の算出方法の説明を求める。

・地方公営企業法においては、当該自治体の首長が開設者で
 あり、管理者として人事権・経営権をもつ運営の一部適用
 と、首長が開設者であることにはかわりはないが、人事権
 経営権は首長が任命した事業管理者がもつ全部適用がある。
 DPCなどの診療報酬方式に伴い、専門的な経営が求められ
 る中においては、ますます医師や看護師、医療技術者の採
 用や内部組織編成の迅速さが経営に求められるため、全部
 適用を検討するべきではないか、県内の自治体病院の状況
 を伺う。

・2回目の質問で、平成15年に病院が一般会計に貸し付けた
 20億円の返済金額の残8億円の質問をし、全部適用の必要
 性を強調した。


(市側の回答及び私の所感)
平成10年当時、市政を預かる先人たちが、今の市民病院の
地所を確保するにあたり、財政状態のいかんを問わず、100
数十億円の先行投資をして英断したことに比べれば、平成23
年度以降、財政調整基金が50億円以上ある当市が、一般会計
貸付金の残額や企業債償還元金の繰入金を4分の1としている
こと、一部適用にこだわり、事業管理者に経営を委ねること
に躊躇していることは、今後のためによいこととは思えません。
専門性が強く、公共性・独立性を担保するために、市も病院も
経営状態が良い今の時期だからこそ、将来の形を検討すべきと
考えます。


その他の事案
今定例会には、決算12件、補正予算案5件、条例案2件、一般
議案4件、報告9件、人事案件4件、議員提出議案5件が提出され
認定・可決・同意・了承されました。また、請願2件が採択され
ました。





第2春緑苑ほか盆踊りシーズン

カテゴリ : 平成29年7月~12月



8月4日(金)下津町第2春緑苑の盆踊りがありました。(写真左)
佐藤施設長が普段見られない浴衣姿です。また司会役の職員さん
にも写真に入ってもらいました。私の右側は、保護者会長の
市側さんです。こんな写真はめったに撮れません。施設に入所
されているおじいちゃん、おばあちゃんを囲んで楽しいひと時を
過ごされている保護者の皆さんの姿が見られました。
右の写真は、神屋区の盆踊り、提灯山が見事です。市内で提灯山
をやっている盆踊りは数少ないと思います。
8月5日(土)は、この神屋区の盆踊りのほか、下条区と小野区の
盆踊り、先週は中切区の盆踊りに参加させていただきました。
盆踊りがある町内はいいですね、コミュミティは貴重ですね。
準備する春緑苑の職員さん、各町内会の役員の皆さん、老人会
の皆さん、氏子の皆さんをはじめボランティアの皆さんがいな
ければ成り立たない行事ですね。
盆踊りで出会った外国人の方がおっしゃっていた言葉で、日本
という国は平和でいい国だというのが印象的でした。


前へ 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次へ