愛知県春日井市 はせかずやを支援する会 郷土愛と奉仕の心 しがらみのない新しい風

RSS

市政報告(第4回定例会)

カテゴリ : 平成28年4月~10月
笑い平成28年9月議会(平成28年9月9日~9月30日)
平成28年9月27日(火)の一般質問は、以下の項目でした。
(15名の議員が質問、以下は私の一般質問)
1、市民病院の将来ビジョンについて
(1)市民病院の重点的課題について
(2)市民病院の収益性向上について
(3)救命救急センターの状況について
(4)市民満足の課題について
(5)経営的な課題について
2、旧国鉄中央西線・愛岐トンネル群について
(1)本市の支援について
質問の要旨、質疑応答約30分
 ・昭和26年開業から65年、平成10年今の病院が完成
  して18年、平成21年厚生労働省が指導するDPC
  (診断群分類別包括評価)対象病院となり、平成23
    年に電子カルテの導入、平成26年には救急部の移設
  拡充、最新鋭の放射線治療装置の導入など、高度で
  専門的な医療を提供するためさまざまな取組みを進め
  てきた市民病院は、人口31万人を擁する公立病院とし
  て将来どうあるべきかを問う。
 ・第2次中期経営計画にある急性期の医療、高度で専門
  的な医療とは具体的にどのようなものか、DPCによっ
  てガラス張りになった病院のレベルであるが、市民病
  院がDPC対象全国病院1,667病院中176位と上位にラ
  ンクされていることはあまり知られていない。さらに
  DPC係数を上げ収益性を上げるための方策を問う。
 ・救命救急センターの貢献度、市民アンケートにより
  実施した改革の実例、新しい医療機器への投資や人
  材の確保に重点を置く経営が必要な中で、企業会計
  にある病院建設時の償還金が重荷になっていないか
  など所見を伺った。
 ・国の登録有形文化財に決定した今後、さらに市民の
  財産として価値の上がった愛岐トンネル群に対し
  市の支援を要請した。昨年の6月議会の一般質問に
  引き続き質問した。
その他の事案
 ・決算12件、補正予算案5件、条例案1件、一般議案
  3件、人事案件1件、議員提出議案2件が提出され、
  それぞれ認定・可決・了承されました。また、請願
  2件が採択されました。

厚生委員会行政調査行ってきました。

カテゴリ : 平成28年4月~10月

厚生委員会行政調査(8月1日~3日)
群馬県高崎市(地域医療連携体制について)
富山県富山市(環境施策推進について)
石川県金沢市(子育て支援について)
というテーマで行ってきました。
メンバー8人でいくつもりが、副議長の佐々木さんが
風邪をひいたということで欠席でした。新人の私が風邪
ごときで欠席なんてことになったら何を言われるかもしれ
ません。体が丈夫なのはありがたい事です。


市政報告(第3回定例会)

カテゴリ : 平成28年4月~10月
笑い平成28年6月議会(平成28年6月17日~7月5日)
平成28年6月30日(木)での一般質問は、以下の項目でした。
(14名の議員が質問、以下は私の一般質問)
1、介護予防・日常生活支援総合事業について
(1)当市の取組み状況について
(2)住民主体サービスの進捗状況について
(3)今後の実態把握と広がりについて
2、福祉応援券導入の進捗状況について
(1)制度切替えの市民理解と準備状況について
(2)今後の利用促進・周知について
質問の要旨、質疑応答約30分
 ・国がうちだした介護保険制度改革の中で、地域包括ケア
  システムの構築は急務であり、従来の全国一律の訪問・
  通所介護から地域の多様な主体を活用しての体制が求め
  られている。当市は、他市町村と比べてどのレベルである
  のか、住民主体サービスの進捗状況、今後の実態把握や
  規模・利用者の数など全般に渡って質問した。
 ・福祉応援券の導入を前にして、市民からの具体的な要望や
  不安についての件数・内容について問う。また、利用促進
  に向けての準備、システムが万全であるのかなど質問。
その他の事案
 ・補正予算案1件、条例案6件、一般議案3件、人事案件1件
  が提出され、可決されました。請願1件は不採択としました。

平成28年度ケローナ市訪問団歓迎会

カテゴリ : 平成28年4月~10月
kerona

平成28年4月8日(金)18:00~中部大学不言実行館において
カナダのケローナ市から春日井市の姉妹都市として35年を
迎える本年、40名の訪問団がみえました。写真左は、ケロ
ーナ市長コリンバスラン氏との2ショットです。写真右は、
ケローナ商工会議所会頭のトムディアス氏、春日井燃料(株)
会長の桑原克彦さん等との記念写真です。
このケローナ市との姉妹都市交流は、35年を迎えるのです
が、当初から桑原さんが特に力を入れて頑張っておられます。
その割に、参加した市議は、議長と新人の私2人だけと寂し
いものでした。姉妹都市提携の当初の頃は、通りにケローナ
の名前がついたり派手な交流があったと思うし、この関係を
保持するのには、市関係者だけでなく、多くの方のボランテ
ィアなどがあったと聞いております。文化や食、商工関係の
発展など形になるものがもっとあってしかるべきと私は思い
ます。今の関係をみると、少し、マンネリ化してはいないか
と心配しています。少し昔、訪問団でケローナ市を訪れた
市議の皆さんはどう思っておられるのでしょうか。










市政報告(第1回定例会)

カテゴリ : 平成28年1月~3月
笑顔平成28年3月議会(平成28年2月19日~3月15日)
平成28年3月10日(木)での一般質問は以下の項目でした。
(13名の議員が質問、以下は私の一般質問)
1、当市南西部における水害対策周知について
(1)市民への総合的な水害対策周知について
(2)広域水害の情報共有について
質問の要旨、質疑応答約25分
 ・いわゆる線路南、当市南西部の地域は、度重なる水害被害
  の悩みを抱える地域である。国(庄内川)、県(地蔵川)、
  市(雨水幹線、南部ポンプ場、雨水調整池)など各所管で
  浸水対策に対処しているが、縦割りではなく総合的な市民
  への周知や完成時期やその効果の説明が不十分と感じる。
  わかりやすい丁寧な説明が必要であり、対策を要望。
 ・昨年の関東・東北豪雨の反省や、異常気象による想像を
  絶する水災害の実態をみても、県・市を超える幅広い情報
  の共有化や対策が必要と思われる。その取り組みについて
  要望した。
その他の事案
 ・補正予算案2件、条例案32件、一般議案2件、人事案件4件
  が提出され、可決・同意・了承された。請願1件は不採択
  とされた。
    
前へ 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 次へ